メインイメージ画像

カラー印刷はどうやって探せばいい?

仮設のクリーンルームを実現することにより、無菌室の気温、湿気を固定し、印刷機メーカーの部屋と同じ境遇を実行しています。尚且つCTPセッターに最新技術を入れることで、これまでのオフセットカラー印刷の標準線数AM175線をもの凄く超す280線で刷版出力することが見込めるようになりました。フォト画質にまさる高精細印刷を実行し、同様に、モアレやロゼッタの課題も解消しています。このように性質は大部分の印刷業者で高い性質を保っています。

データの校正は提出前にもう一度データをお店に送るとサイズなどを担当者が確認します。

この時に修正が発生するとデータを修正して改めてデータを送ることになるため納期が遅くなる原因になります。しかも店の校正は文章の確認よりもデータが規定通りに保存されているかなど調べるので文字が間違っていても訂正されないこともあります。データ印刷を頼む時は出す前に確認するような癖をつけましょう。

カラー印刷は金額や仕上がりが全然違うため、調査が大事になります。

カラーは店によって濃淡があるところもあるので同じデータでプリントしても仕上がりが違います。価格は利用内容で違うためカラーでも安くプリントできることもあります。しかし安価な場所は使える色やサービスに制約ができます。金額ばかりを見ずに、お店を決めることで予算内でいいものを作ることができます。